ニヤニヤがとまらないのは株のせい

株、好きですか?私は好きです。大好きです。株のおかげで人生が変わりました。もちろん、生活面もですが、知識面での成長もかなりあります。株をやることで幸せになった私の話、聞いていきませんか?

株で儲かった話

株で儲かった話で最近ではアベノミクスによる大規模な金融緩和で儲かっています。現在も日本銀行が大量に日本国債を購入して、市場にお金をばらまいているわけですから、その余剰資金が株に流れないわけがありません。そのことを知っていた方は、この政策が始まる前に大量に購入して既に儲けを出しているかと思います。また、現在行っている日本銀行の政策は円の希少価値をなくす政策と言っても良いかもしれません。現在も株価は乱高下していますが、徐々に上がってきています。その理由は、円だけで持っていると損をするかもしれないという心理と、一般的なインフレ時には歴史的に株を持つことがリスクヘッジとして優れていると言われているからです。そのうえ、現在でもアメリカとの金融政策の違いにより円安も進みやすい環境にあるため、外国で儲けを出している日本企業の業績はさらに改善して会社の資産価値は今後も上がる可能性があります。少し前に株で儲かった話は、アメリカが金融緩和をしていた時期です。その時はアメリカ国内のものを持っていたため、儲けることができました。株の売買には逆張りをしないと多くの儲けを出すことはできません。リーマンショックの影響もあり、最初のうちは多くの損失が出てしまいましたが、経済成長の可能性があり、国力のある国はどれだけ落ち込んだ時期があっても必ず持ち直すことが一般的です。その後アメリカ経済が持ち直したため、儲けを出すことができました。誰でも先見性があれば、儲けを出すことはそれほど難しいことではなく、売買の慣れが必要です。慣れてくると何かの予兆をつかむこともあります。そのためには歴史の分析と経済知識、金融知識、簿記の知識を持つことが絶対条件です。特に株の世界では歴史は繰り返すものです。そのうえ、英語も理解できると世界各国で投資ができるため、多くの情報を分析して儲けを出すことができる可能性があります。

今注目の株はこれだ!

日本時間の17日4時にFOMCが米国のゼロ金利政策を解除しました。市場はすでに利上げを織り込んでいたために、これといった混乱はなく、為替レートの変動も限定的なものとなりました。しかし、原油の価格は1バレル36ドルと原油の価格下落に歯止めがかからず、新興国経済に対する不安感は払しょくできていないのも現状です。そういった経済情勢の中で今買うべき株はどういった分野になるでしょうか。経済情勢と投資方法を踏まえて考えていきます。まず裁定取引をする場合を考えます。裁定取引を簡単に説明すると、安く買ったものを高くなった時に売りその差益を儲けるということです。ちなみにこの差益をキャピタルゲインというように呼びます。そういった方法でキャピタルゲインを得たいならば、現在安い株を買うべきです。最初に述べた通り、現在は石油の価格が下がり過ぎて企業は利益をなかなかあげることが厳しい状態にあります。しかし、原油は今後必要なくなるものになってしまうのでしょうか。現在も、原油は何を作るにおいても欠かすことは出来ません。そう簡単に原油から他の資源にシフトするということは考えにくいです。したがって、現在低推移をしている原油関連株を買うということが良いということが分かります。そのかわり、いつ価格が上昇するかわからないため数年にわたって持つということを覚悟する必要があります。また、空売りをするならば過去数年において、比較すると非常に高い株価になった企業を狙っていくべきであると考えます。日本国内企業は現在そういった状況下にあり、2012年と比べると株価が2倍にあっている企業も多く、空売りを狙うならばそのような条件の株に注目することが良いと言えます。

株を買ったなら今日からあなたも株主さん

ある企業の株を買うということは、契約が成立した時点で株主となります。ところで株主になるということはどういったこのなのでしょうか。ある企業の債券を買う事とはどう違うのでしょうか。2つの相違点を交えながら解説をしていきます。企業はあるプロジェクトを行うために、資金を必要とします。取引している銀行から借りることが多いですが、銀行はによっては必要とする金額のすべてを貸してくれるとは限りません。したがって、企業は個人に向けて資金提供を呼びかけます。その際に、資金提供に応じる投資家たちは、企業が発行する株式や債券を購入することにより、企業に資金を提供します。この状況では両社は似ているようですが、配当に大きな違いがあります。前者は、売り上げから従業員に支払うべき給与や製品やサービスを作るために使った原材料などを引いて残ったものを、配当として受け取ることが出来ます。ですから非常に利益が大きい時は、大きな配当を得ることが出来ますが、設備投資などのコストが増大し損失を生み出してしまえば配当を受け取ることは出来ません。その上株価も下がるので、損をすることへのリスクが付きまといます。後者は、決まった金利をある一定時期に支払うというものということが特徴的です。しかしながら、一見すると売り上げに関わらず安定した配当が約束されているので、低リスクに見えますが、債務不履行を起こされるというリスクをはらんでいます。しかし、株主には企業経営に対して発言をする権利を持っています。経営者の経営者の行動を監視し、独断的な投資や、不明瞭なビジネスに対しては投票などによって止めることが出来るのです。株を持つということは経営に対して発言が出来るということが、債券を持つということはそれできないということが特徴と言えます。株主になるということは企業に資金を提供するだけでなく経営を監視をするという事なのです。