株、好きですか?私は好きです。大好きです。株のおかげで人生が変わりました。もちろん、生活面もですが、知識面での成長もかなりあります。株をやることで幸せになった私の話、聞いていきませんか?

耐震性に優れた住宅で株式市場で注目される積水ハウス

積水ハウスは、1960年に積水化学工業のハウス事業部を元に誕生した住宅メーカーの一角です。元々はプラスチック製造を母体にしており、プラスチックで家を造るユニークな開発を行なったことからハウス事業に進出するきっかけにもなっています。

2012年度の販売戸数は国内第一位となる45,098戸で、売上高は大和ハウスに次ぐ第二位の1兆223億円となります。CM展開なども盛んに行われており、スポーツイベントや地域イベントの催しにも積極的に参加しており、知名度も優れた住宅メーカーです。

株式市場でも積水ハウスの株価は、2012年に1月を境に上昇傾向が見られます。以前は、一株あたり1,000円を切っている状況でしたが、国内の住宅市場の需要回復や建て替えなどのニーズにより、現在は2,000円近くまで回復しています。

そのため、積水ハウス株に投資を行なっていれば確実に2倍以上のキャピタルゲインを上げることが出来た銘柄です。積水ハウスの主力商品には、国土交通省が認定する「シーカス」という制震構造があり、それは数センチ程度の激しい揺れでもその揺れ自体を吸収するため、揺れに強い特徴があります。

阪神・淡路大震災や東日本大震災後などに注目される商品でもあります。近年は海外にも進出しており、オーストラリア・中国などの新たな市場を新規開拓しています。

過去10年においては、株価も2,000円近辺にまで上昇したこともありましたが、将来的に見ると世界の住宅市場を取り込む点と東京オリンピックの開催などの影響で、もっと上昇する可能性が指摘されています。また配当利回りも2.0%前後となっており1株につき50円前後と健闘しており、1,000株以上所有のケースでは5kg以上の魚沼産のコシヒカリを贈呈される優待も魅力的です。